カテゴリー別アーカイブ: 写真

画期的なモノ

子どもが幼い頃は運動会や文化祭など学校行事は勿論の事、家族旅行などにはビデオカメラは片時も離さない生活でした。
主人が趣味のカメラは一眼レフで写真もそれなりに撮りましたが、やはり声や動きが入っているビデオが主流だったのですが、子どもも大きくなり、
ふと気づくと世の中のカメラはお手軽に自分でプリントアウトできるデジカメの世界に変わっていました。
私自身はもうすぐ60歳を迎えて、新たに物を購入しようとまでは思っていなかったのですが、先日、会社の旅行で京都へ行きました。
皆さん、スマホなどを持っているので、私自身は特に用意しなくてもいいかなと思ったのですが、念のためにデジカメを娘から借りて旅行へ行きました。
集合時に「誰かデジカメ持ってきた?」と聞かれ、誰も持ってきておらず、私が持ってきましたと手を挙げた時からカメラの係りとなってしまいました。
京都は本当に日本屈指の観光地ですので、シャッターチャンスは山ほどあるのですが、腕がいまいちの私はとにかく下手な鉄砲数打てば当たるの意気込みで、
シャンターを押しまくりました。
つくづく便利だと思ったのは、これだけ写真を撮っていると以前は何回もフィルムを交換しなくてはいけないし、観光地でのフィルム購入は非常に高くつき、 費用もかなりかかりましたが、デジカメは充電さえしっかりしていれば、けっこう1日フルに稼働しても問題なく又、「あ、今のブレタ」と思えば、すぐに確認が出来て、 無駄な画像が省けます。
本当に画期的だと思いました。ここ10~20年で感激したのはこのデジカメと評判が良かったうるのん(我が家のウォーターサーバーのことです)くらいですかね。
今の時代では当たり前の事がデジカメを使ってみて、改めて感心しましたが、このプリントアウトはどうすればいいのだろう?とふと考えました。
娘は殆どパソコンに画像を取り込んでいるだけで、写真としては保存していないのですが、会社の写真として出すのにはパソコンに画像を保存するだけでは、
個々に撮った写真は個人には行き渡らないし、カメラ専門店でプリントアウトした方が安いのか、それとも今後の事を考えて、自分の家でも写真にするために、
専用のプリンターを購入した方がいいのか迷うところです。
カメラ屋の印刷も1枚の単価は決して安いとは思えませんでした。
プリンター購入だけなら問題ないのですが、使用すれば、インク代と光沢紙のような写真用の紙も買わなくてはいけないでしょうし、便利だなと思ったのですが、
共通の写真を配布するのはアナログ時代の方が便利だったのかもしれません

iphone6をデジカメとして使う

私は現在iphone6を使用していますが、はっきり言って近年、デジカメを必要と思ったことはありません。
iphone6のカメラ機能だけで十分だと感じているからです。
最近のスマホのカメラというのはすさまじい進化を遂げていると思いますし、特別な機能が必要でない限りはデジカメを使用する必要性を感じません。
むしろ、デジカメよりキレイに撮れてると感じるほどですし、何よりも写真を撮りたい時、撮りたい場所でいつでも所持している携帯電話という特性上、圧倒的に持ち運びに便利だという事です。
話は少し戻りますが、先ほど特別な機能が必要な場合というような言い回しをしたと思います。
しかしながら、スマホのアプリを利用したり、小型の周辺機器を使用したりすれば、市販されている小型のデジカメなんかよりは上等な写真を撮れてしまうと思っています。
逆にスマホを持っているにもかかわらずデジカメをいつも持ち歩いている方に関しては、なぜ持ち歩いているのかを聞きたいくらいです。
スマホのカメラ機能だけでテレビ番組を作るという番組をやっていて、何の違和感も無いくらいにスマホのカメラは進化しているのです。それほど現代社会ではデジカメを持つ必要性を感じないのです。

Cyber-shotというデジカメ

以前、私はソニーのデジカメであるCyber-shotを使っていました。28000円位のと40000円位のと。型番は覚えてません。もう8年以上も前でしょうか。出かける時はいつも所持していました。
景色や夜景などを撮るのが趣味でしたが、三脚を用いて友達と記念撮影などもしていました。今でもメモリースティックがあるのでパソコンに保管しています。
当時は、携帯のカメラはチープなもので手振れ補修無しの500万画素位だったと思います。デジカメを手放した理由は当時お金に困っていたため売却したので、決して携帯のカメラに満足していた訳ではありません。
しかし近年ではスマホが普及しそのカメラの性能も良くなってきました。スナップ写真であればスマホで十分事足りると思います。写真も引き伸ばしたりする事も少ないですから、スマホの画面にキレイに映れば良いと思ってます。
そして、私の今のスマホは24mm広角レンズ、23000画素、手振れ補修機能、0.03秒オートフォーカス、HDR、高感度ISOなどコンデジに勝るとも劣らないスペックになっています。
ただフラッシュが弱かったり、夜景に弱かったりはしますが、今の私には十分です。いつも携帯してるものだから撮りたいものをさっと撮れるのも便利ですね。

デジカメの選び方で失敗した話

10年ほど前になりますが、某社のデジカメを、その時は選び方に致命的なミスがあったことにまったく気づかないまま、よく考えずに買ってしまったことがあります。
失敗したのは、記録用メディアの種類です。
そのデジカメの記録媒体は「xDピクチャーカード」というものでした。
パソコンに接続するには、デジカメを専用のクレードルに置いてから、さらにそのクレードルから繋がっているUSBケーブルで…と、とても回りくどい方法でないといけなかったのです。
さらにカメラの充電も、そのクレードルに置いて、USBで繋いだパソコンから取る形でしなくてはならなかったので、非常に不便でした。パソコンのUSBポートの数も限られていますから、他の機器を繋ぎたい時などにかなり不自由しました。
しかも私のパソコンは、しっかりSDカードスロットがあったのに、全く見落としていました。これでは何のためのデジカメだかわからないではないか、と当時の自分を厳しく叱りつけてやりたくなるくらいの失態です。
カメラ自体の使い心地はよかったのですが、いちいちケーブルとクレードルを出してきて接続して、というのがそのうち相当な手間に思えてきてしまい、使用頻度は減っていってしまいました。スマホを持ってからは、ほとんどしまいっぱなしになってしまい、先日売りました。
これからデジカメの購入を考えていらっしゃる方には、お手持ちのパソコンについている端子に直接対応するメディアが使われているかどうか、きちんと確認して選ばれることを強くお薦めします。

思い出のデジタルカメラIXY DIGITAL

最初に手にしたデジタルカメラはキャノンのIXY DIGITALでした。今は亡き父が買ってくれた思い出のあるカメラでした。このカメラで花見や海水浴場や様々なところへと持ち歩きました。
とくに思い出深いのはある岬です。そこは観光地ですが夏休み以外ならば、平日は人が少なく散策しやすい場所で晴れれば海も青く、海岸から吹き上げてくる風も心地よいのです。
父とはたびたびその岬にゆき、散策しつつこのカメラで花や草、海沿いを写真に収めました。また日中に行くより、夕方近くに行くとこの岬の近所の方々が犬を連れて散歩をし、ゆったりとした時間の流れを感じることができ、とてもよい雰囲気でした。
それに付近には海を見わたせるレストランがあり、一度だけ父と食事をしました。今でもそのレストランは残っているので、岬に行くたびに「父と食事をしたよなぁ。カレーかスパゲッティを頼んだっけ」と思い出します。

今となっては父もそしてこのカメラも手元にいませんが、当時撮影したものはしっかりと残してあります。
そしてデジタルカメラを買い替えるたびに常にキャノンのIXYを選んでいます。慣れもあるでしょうが、使いやすさ、反応の良さが気に入っています。ただ初期型のようなエッジのきいたデザインは昨今のIXYにはなく、少し残念に思います。
やはりすべての人がそのようなデザインを望んでいるわけではないので、商品としては時世にあわせて変化するのは当たり前と感じています。あの初期型をもう一度今のキャノンの技術を搭載して出していただけたらと願っています。

乾電池式のデジカメ

コンパクトカメラを使っています。このカメラ、グリップがついているカメラで、広角が22mm、光学ズームが21倍のデジカメです。
35㎜で計算すると、33㎜~約450㎜近くまでズームが伸び、一眼レフのレンズで言いますと、18㎜~300㎜のレンズと同じズームを持っています。実は、最初から狙って買ったわけではなく、たまたま1万円で売っていたデジカメを買ったのです。
前に持っていたデジカメもグリップがついているものだったのですが、少しズームが短い為に使うのを諦めて、現在のデジカメを使っているのです。今、流行りの80倍ズームのデジカメが出る前のものですが、その先駆けと言っていいのかもしれません。私は古き良き時代の名残を感じられる銀塩板のカメラが昔から好きです。
普通のカメラ(デジカメを含む)は、バッテリーを使うのですが、このデジカメは乾電池を使う、今ではあまりないデジカメです。
そのため、バッテリーを充電する手間がなく使い捨ての乾電池を使っています。
そろそろ、デジカメから一眼レフに買い替えようと考えているのです。
周りの人には「もったいない!」とよく言われます。最初は使い慣れず、失敗ばかりしていましたが、ズームでもきちんと撮れるまでなりました。今後は、予備で持っていようかと思います。

ペンタックス K-rがお気に入り

娘が生まれてからデジカメを使う頻度が増えました。手軽で綺麗に撮れるので最高です。
でも、妊娠した時は子供が生まれたら手持ちの一眼レフでかわいい写真を一杯撮る!と思っていたのです。そう、私は少し前にブームになった一眼レフ女子に憧れてカメラを買った者です。
5年ほど前、そういう女子が一眼レフを持つブームがありまして社会人3年目だったかそのぐらいだった私も当時彼氏だった旦那とヨドバシカメラで、ペンタックスのk-rを購入しました。
k-rはカラーがカスタムできていかにもカメラ初心者の女子が好きそうな可愛らしいカメラです。もちろんカメラ初心者なのでデジタルです。
ピンク×グリーンという奇抜なカラーにカスタムしようとしたけど、冷静な旦那の「絶対数年後そのカラーは後悔する」という助言もあり、カラーは無難なブラックに落ち着きました。
購入してからはストラップをつけて散歩にいったり「一日一枚旦那の写真を撮る!」という無謀な目標をたてたりと楽しみました。性能は申し分なく、初心者の私でもおしゃれな写真が撮れたのですが、ただ重い・・・!ストラップで肩にぶら下げるのですが、乱雑には扱えないし、段々肩に重たさが・・・!それがネックとなり今では部屋でインテリア化しています。
当時カード2回払いくらいで買った記憶があるので安いものではないし、たまーに娘を撮るとやっぱりいい感じに撮れるので、ここ一番のときはまた活躍させたいと思っています。